バイアグラの副作用について

バイアグラは、1998年にアメリカで一般に発売されるようになってから爆発的に世界中に広がった勃起機能不全の治療薬です。
日本でも有名になり、個人輸入代行をにぎわせました。
精力剤というものを良く知らない人でも、バイアグラという名前は知っている人も多いと思われます。
しかし、バイアグラは、日本では医師の処方箋が必要な医薬品です。
個人輸入代行で頻繁にアメリカから輸入されるようになった時は、用法や注意点も英文で書かれており、良く理解できずに服用する人が多くいました。
その為、服用した人の中には重大な副作用が表れ、勃起機能が回復するどころか、命にかかわるトラブルを起こしてしまった人が続出し、一時期社会問題にもなりました。
現在では日本でも製造販売を認証され、医師の指導や日本語の取扱説明書などの効果により、健康被害は大幅に減少しました。
ですので、現在でも勃起機能不全の治療薬として日本国内で代表的な薬として確立されました。
バイアグラの副作用は、軽いものでめまいや胃痛、視覚異常、鼻づまりなどです。
これらは、持病や服用中の薬もない、健康な男性に見られた副作用です。
また、重大なものとしては硝酸剤との併用での、心肺停止という重大な副作用を引き起こします。
硝酸剤は飲み薬、塗り薬、舌下剤すべて併用禁忌となっています。
これは、現在では注意書きに大々的に書かれていますので、絶対に併用は止めましょう。
また、牛乳などの脂肪分の含まれる水分で服用すると効果が現れにくくなる傾向があります。
注意点を守って正しく服用すれば、快適な生活が戻ります。